生活

生わかめは腐るとどうなる?臭くて変色する?正しい保存方法を紹介

みなさんは生わかめの旬をご存知ですか?

旬は3月~5月の春なんだそうですよ。

海藻サラダは、本当に美味しいですよね!

味噌汁に、酢の物に入れても合いますね。

しかし問題は…

生わかめは日持ちしないのですね。

香りも歯ごたえも最高ですが、3日目くらいから鮮度が落ちます。

さらに湯通し処理しないと、すぐに腐ってしまうんです。

今回ご紹介しますのは、生わかめについてです。

生わかめは腐るとどうなるのか?

正しい保存方法についての情報発信をしていきたいと思います。

生わかめは腐るとどうなる?臭いは?

ズバリ!生わかめは、日持ちしません。

買ってすぐは、コリコリとした食感が最高ですが…

何も処理しないと3日ぐらい。

湯通ししても5日ぐらいの期限です。

私も、以前生わかめを、いただきましたが 消費出来ず…

冷蔵庫であわれな姿になっていました。

そのときにすぐに下処理して保存すれば良かったと後悔しました。

では、生わかめは腐るとどうなるのでしょうか?

まず、わかめの表面がヌルヌルしてきます。

ちょっと臭うと感じたら、もう変色しています。

茶色の海藻が赤っぽくなります…かなり危険です。

これはもう腐敗が始まっている状態ですね。

残念ながら食べることは、もう諦めましょう。

次では、生わかめが腐ったときの状態をご紹介しますね。

生わかめは腐るとどうなる?変色は?

先ほども少し触れましたが、生わかめは腐るとどうなるのか?

まずは、生わかめが変色してきます。

生わかめは劣化が早く、腐ってくると臭います。

腐敗してくると生わかめは、見た目も変化しますのでご注意ください!

気づかないという人は少ないとは思いますが…

みなさんが知っているわかめは、茶色ですが赤っぽくなります。

傷みが進行してくると、ヌルヌルとして、ぬめりが出ます。

このときに、湯通ししたならば生臭さで異常気づくはずです。

もうお分かりだとは思いますが…ここまできたら廃棄処分です。

お腹を壊すので、食べてはいけませんよ!

次では、生わかめの賞味期限をご紹介していきたいと思います。

生わかめの賞味期限と正しい保存方法

生わかめの賞味期限は3日~5日です。

生わかめは、あまり日持ちしません。

では、せっかくの生わかめを日持ちさせるには?

ここでは、正しい保存方法をご紹介します。

大鍋に湯を沸かし、大さじ1の塩を入れ入れます。

このときに、わかめの茎は取りましょう。

(茎は茎でまとめて茹でてくださいね)

数秒湯通しして、ザルに入れ水分を取ります。

これがわかめの下処理になります。

冷蔵では5日ぐらい日持ち可能になります。

保存袋に生わかめを入れて冷凍保存すれば2~3ヶ月は日持ちします。

(小分けにしてラップしたらいいですよ)

ちなみにですが、生わかめは冷凍しても食感や風味は変わらないです。

冷凍したら食感に変化があると思いましたが、意外にも変化なしでした。

これはもう下処理して冷凍保存するしかないですね!

あと下処理してから塩漬けにする方法もあります。

塩蔵わかめと言い、冷蔵庫で半年ほど保存できます。

生わかめは腐るとどうなる?臭くて変色する?正しい保存方法を紹介まとめ

今回ご紹介しましたのは、生わかめについてでした。

いかがでしたでしょうか?

生わかめは、日持ちしませんでしたね。

鮮度はすぐに落ちます。

生わかめは腐るとどうなるのか?臭いや色について情報発信しました。

深緑色から赤っぽくなります…もうわかめの姿形ではなくなります。

ドロドロしてきますので廃棄になります。

危険と感じたら、第六感に従い、食さない方が賢明です!

磯の香りを感じられる生わかめは魅力的ですが、大量消費はできません。

鮮度もどんどん落ちますので、うまく保存しましょう。

処理して保存することで、生わかめを100%以上楽しめます!

ビタミンやミネラルが豊富ですので食卓にどんどん提供してくださいね。