生活

オーブンの予熱が終わらない!何分かかるのが普通?予熱の必要性は?

お菓子作りやパン作りが趣味の場合、オーブンを使うことって多いですよね。

そのようなレシピではよく予熱をするように書かれています。しかしこのオーブンの予熱ですが終わらない場合はどうすれば良いのでしょうか?

またそもそもオーブンの予熱はどうして必要なのでしょうか?

ここではオーブンの予熱について解説をしていきます!

オーブンの予熱が終わらない!何分かかるのが普通?

オーブンを使うのが初めての場合、予熱についても不安になりますよね。オーブンの予熱が終わらない場合、何分くらいかかるのが普通なのでしょうか?

結論から言えば、15分から30分ほどかかります。詳しく解説をしていきます。

オーブンの予熱ですが意外と時間がかかります。180℃に予熱をする場合でも15分以上かかることもあり、前もって準備をする必要があります。

特にオーブンレンジの場合には予熱にかかる時間が長く、長い場合に30分ほどかかることも多いです。

ただこれらはオーブンの機種にもよります。

例えばオーブン単体の本格的なものですと、予熱にかかる時間も少なく5分ほどで済む場合もあります。

なので使っているオーブンの説明書などをしっかり読むようにしましょう。目安時間が書いてあることが多いです。

オーブンで予熱を使う際に注意してもらいたいのが予熱後です。

予熱が完了してそのままで放置をしてしまうと、今度はオーブン内の温度が下がっていってしまいます。

ですのでオーブンの予熱が完了したら速やかに料理を入れるようにしましょう。

このようにオーブンの予熱は意外と注意点が多いです。使う際には事前に使い方や時間を調べておいて使うようにしてくださいね。

オーブンの予熱ってそもそも必要?

オーブンの予熱ですが、料理をあまりしない人によっては馴染みがないですよね。いちいち待つのもめんどくさいですし、そもそもオーブンの予熱って必要なのでしょうか?

こちらですが、必ずしも必要ではないですが、やはり料理を美味しくするには予熱はしたほうがいいです。

予熱は手間に感じてしまうことがありますが、予熱をすることによって料理を美味しく作ることができることは多いです。

なのでめんどくさがらずしっかりとオーブンの予熱をするようにしてくださいね。

オーブンの予熱ありとなしの料理の違い

では実際、オーブンの予熱ありとなしではどのように料理の違いが出るのでしょうか?続いて詳しく解説していきます。

オーブンの予熱ですが使われることが多いのがお菓子やパン作りですね。これらのレシピを見るとほとんどが予熱を必要としています。

そしてお菓子やパンなどオーブンを使う料理の場合、焼く時間というのは予熱後の時間となっています。

もし予熱をせずにオーブンでそれらを焼いた場合、生地の中まで火が通らなかったり、生地が膨らまないなどの可能性があります。

そうなると焼いたとしてもベチョベチョの生地になって、お菓子もパンも料理そのものがダメになってしまいます。

また予熱時間を見越して長くオーブンに入れておくと、今度は生地が乾燥してしまうこともあります。

その他にも焼きムラができて美味しくできないということも多いです。

これらの調理は熱の通り具合が美味しさに直結をします。

なのでやはりできたら予熱をした上でしっかりとオーブンは使った方がいいでしょう。

オーブンの予熱が終わらない!何分かかるのが普通?予熱の必要性は?まとめ

オーブンですが予熱が終わらないと焦りますよね。オーブンの予熱ですが機種や温度にもよりますが15分から30分ほどかかることが多いです。

意外と長くなるので、事前に準備はしっかりしておきましょう。また予熱が完了したら冷める前に速やかに食材を入れることも大切です。

オーブンの予熱ですが使わないと、お菓子やパンで生地が膨らまなかったり、生地に火が通らないことがあり、失敗する可能性があります。

ですのでしっかりとオーブンを使った上で上手に調理をするようにしてくださいね。