生活

飛行機にペットボトルの持ち込みは大丈夫?気圧変化で破裂が心配

飛行機に乗るとき気になるのが荷物持ち込みの規定ですよね。

とくにペットボトルは気圧変化もあって破裂しないかつい心配になります。

スムーズに飛行機へ乗り込むためにも

ペットボトル持ち込みに関する規定をしっかりと確認しておきましょう。

基本的に国内線では機内への持ち込み、

お預け荷物での持ち込みどちらも可能です。

国際線ではお預け荷物での持ち込みのみが可能なので注意が必要です。

機内へ持ち込みたい場合は、手荷物検査後に購入しましょう。

飛行機では気圧変化がどうしても起こってしまいますが、

ペットボトルは未開封でも開封後でも破裂しないので

規定を守れば安心して持ち込んでいただけますよ。

飛行機にペットボトルの持ち込みは大丈夫?気圧変化で破裂が心配

飛行機を利用するときどうしても荷物持ち込みの規定が

厳しいイメージがありますよね。

「気圧変化もあるしペットボトルは持ち込めないかな」

と心配になってしまう方も多いのではないでしょうか。

機内はとても乾燥するので長時間のフライトには

お気に入りのペットボトル飲料を持ち込みたいところです。

安心して利用するためにも国内線と国際線に分けて

ペットボトル持ち込みに関する規定を確認していきましょう。

基本的に国内線では機内への持ち込み、

お預け荷物での持ち込みどちらも可能です。

また機内への持ち込み、お預け荷物での持ち込み

どちらでもノンアルコールのものは無制限で持ち込めますが、

アルコールの持ち込みには制限があるので注意しましょう。

それでは国際線の規定も確認していきましょう。

国際線では基本的にペットボトルはお預け荷物での持ち込みのみが可能です。

国際線の機内持ち込みでは安全上100ml以下の容器に入った液体しか

持ち込めないので、ペットボトルは規定外になりますね。

しかし手荷物検査後に購入したものであれば

機内への持ち込みも可能になるので、

どうしてもお気に入りのペットボトル飲料を持ち込みたい場合は

手荷物検査後に購入しましょう。

手荷物検査後に購入する場合はノンアルコール、アルコールともに

無制限で機内に持ち込めます。

しかし購入したアルコールを機内で飲んで良いかは

利用する航空会社によって異なるのであらかじめ確認しておくと安心ですね。

お預け荷物での持ち込みでは国内線と同様

ノンアルコールのものは無制限で持ち込めますが、

アルコールには制限があります。

国内線、国際線のペットボトル持ち込みに関する規定は以上になりますが、

いざ機内に持ち込んだときに気圧変化で

ペットボトルが破裂しないか心配になりますよね。

しかし気圧変化が大きい飛行機でも

ペットボトルが破裂することはないと言われています。

未開封でも開封後でも大丈夫です。

お預け荷物で持ち込んだペットボトルも、客室と同様に

貨物室では加圧や温度調節が行われているので破裂する心配はありません。

なので規定を守れば安心してペットボトルを持ち込んでいただけますよ。

飛行機内でペットボトル飲料は飲んでも大丈夫?

国内線ではあらかじめ購入しておいたペットボトルと手荷物検査後に購入したもの、

国際線では手荷物検査後に購入したペットボトルのみの

飛行機内(客室)への持ち込みが可能です。

なので国内線、国際線ともに手荷物検査後に購入したものは

基本的にノンアルコールでもアルコールでも持ち込んでいただけます。

もちろん持ち込んだペットボトル飲料は

ノンアルコールのものであれば飛行機内で飲んでいただけますよ。

しかしアルコールの場合、機内で飲んで良いかは

利用する航空会社によって異なるのであらかじめ確認しておくと安心ですね。

乾燥する機内では水分補給がとても大切です。

お気に入りのペットボトル飲料を飛行機内に持ち込んで

こまめな水分補給を行いましょう。

飛行機にペットボトルの持ち込みは大丈夫?気圧変化で破裂が心配まとめ

国内線と国際線ではペットボトル持ち込めに関する規定が

異なり難しいと感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、

手荷物検査後に購入したものはどちらでも機内持ち込みが可能なので安心ですね。

アルコールの持ち込みには制限がありますが、

規定を守ってお気に入りのペットボトル飲料を持っていきましょう。