生活

年末の餅つき!ダメな日と良い日は?つきたてお餅の美味しい食べ方も紹介!

昔から続く年末の定番イベントといえば餅つきですね。

学校や町内会で行われているのを見学したり、

参加した経験があるのではないでしょうか。

杵と臼でリズミカルにお餅をつく様子を見ると、

もうすぐお正月になるんだという実感がわいてきます。

そんな餅つきを避けたほうが良い日があるのを知っていますか?

年末ならいつでも良いというわけではないんですよ。

今回、年末に餅つきしてはダメな日と、

その理由についてまとめました。

併せて、つきたてお餅の美味しい食べ方もご紹介します。

目次
  1. 年末の餅つきがダメな日とその理由は?
  2. 年末に餅つきをする意味と、すると良い日はいつ?
    • 祝い事に欠かせないお餅
    • お餅をつくのに縁起が良い日
  3. つきたてお餅の美味しい食べ方と保存方法!
    • 辛味餅
    • きなこ餅
    • 磯辺もち
    • あんこ餅
  4. つきたてお餅の保存方法
  5. 年末の餅つき!ダメな日と良い日は?まとめ

年末の餅つきがダメな日とその理由は?

お正月の準備で餅つきをするとダメな日は、

  • 12月26日
  • 12月29日
  • 12月31日

上記の3日間とされています。

日本では、昔から縁起の良い言葉は幸せを運び、

不吉を思わせる言葉は不幸を招くと信じられていました。

そのため、言葉の語呂合わせから縁起が悪い日や、

神様に失礼となる日には餅つきを避けるようになったのです。

餅つきをしてはいけないとされる日と理由について、

それぞれ解説しますね。

12月26日

6の数字が「ろくなことがない」という意味から、

縁起が悪い日とされています。

クリスマスが終わって一気に年末モードに入るので、

つい準備をしたくなりますが、避けたほうがよいでしょう。

12月29日

9の数字が「苦」を想像させるだけでなく、

29が「二重苦」と捉えられ不吉とされています。

他にも、

  • 餅をつくと「苦(9)を持つ」という意味で、「苦餅」になってしまう。
  • お餅を買いに行くと「苦(9)を買う」ことになる。

さまざまな言い伝えがありますが、

29日はとにかく縁起が悪いようですね。

ただ、地域によっては「2(ふ)9(く)」と捉え

「福」をもたらす縁起の良い日だとして、

あえてお餅をつくところもあります。

縁起担ぎも考え方や心の持ち様で変わるのは、

面白いですよね。

12月31日

大晦日にお餅を飾ることを「一夜餅」といい、

一晩で慌ててお餅を準備するのは神様に失礼にあたり、

縁起がよくないといわれています。

また、作った鏡餅が一夜では固まりきらず、

つぶれてしまうので縁起が悪いと考える説もあります。

年末に餅つきをする意味と、すると良い日はいつ?

それでは次にすると良い日についてご紹介していきますね!

祝い事に欠かせないお餅

お餅は古くから神様が宿る神聖なものとして、

祝い事や神事の際に欠かせないものでした。

お正月も歳神様を家にお迎えして祝う神事で、

お餅をお供えする必要があることから、

年末にお餅をつく風習が生まれたと考えられます。

お餅をつくのに縁起が良い日

そんなおめでたいお餅をつくのに最適とされる日は、

12月28日といわれています。

8の数字は縁起の良い「聖数」として、

日本では昔から特別視されていました。

また、漢字の「八」が上から下へと広がっているため、

「末広がり」と結びついて縁起が良いといわれています。

そのため、年末に餅つきをする場合、

8の数字が含まれる28日がベストです。

28日は都合がつかないという場合は、

30日でも大丈夫ですよ。

ただ、28日より前にお餅をつくと、

お餅が固くなってひび割れを起こしたり、

お正月の間にカビが生えてしまう恐れも……!

早めに餅つきをする場合は、お餅の保存に注意しましょう。

つきたてお餅の美味しい食べ方と保存方法!

市販のお餅も十分美味しいですが、

つきたての味はやはり別格の美味しさです。

ここでは、もち米の風味をシンプルに味わえる食べ方を、

いくつかご紹介しますね。

辛味餅

大根おろしにかつお節と醤油を混ぜてお餅にからめます。

納豆とおくら、肉味噌を組み合わせても美味しいですよ。

きなこ餅

きな粉と砂糖を混ぜたものをお餅にまぶします。

普通のきな粉以外に黒豆きな粉やうぐいす粉を使って、

コクや風味の違いを比べてみてください。

磯辺もち

適当な大きさに切ったお餅を焼いてから、

醤油をつけて海苔で巻きます。

醤油にバターや生姜、柚子こしょうを混ぜたり、

ごまダレや焼肉のタレを醤油の代わりにすると、

新たな味が楽しめます。

あんこ餅

つきたてのお餅にあんこを添えます。

定番のつぶあんやこしあん以外に、

  • 茹でて潰した枝豆を白こしあんと煮た「ずんだあん」
  • 市販のパウダーを入れて作る「かぼちゃあん」

味の変化だけでなく、見た目も華やかになりますよ。

つきたてお餅の保存方法

つきたてのお餅はとてもカビが生えやすいです。

そこで、お餅のカビを防ぐ保存方法を3つご紹介します。

タッパーの隅に練りワサビか練りカラシを少量置く

ワサビやカラシには細菌の繁殖を抑える効果があります。

お餅の表面に焼酎を塗る

アルコール度数が高めの焼酎は殺菌効果があり、

カビが生えるのを防ぎます。

タッパーに使い捨てカイロを一緒に入れて密封する

使い捨てカイロが脱酸素剤の代わりとなって、

カビの発生を抑えます。

年末の餅つき!ダメな日と良い日は?まとめ

  • 餅つきをしてはダメな日は、12月26日、12月29日、12月31日の3日間。
  • 餅つきに良いとされる日は、12月28日。

日本のさまざまな伝統行事が風化している昨今。

餅つきをする日くらいは縁起を担いでみるのも、

よいのではないでしょうか。

家に歳神様をお迎えして翌年も幸せに過ごすために、

縁起の良い日にお餅の準備を整えて、

良い年をお迎えくださいね。