生活

もち米1キロは何合で何個のお餅ができる?自宅でお餅を作ろう!

つきたてのお餅を食べたことがありますか?

ふわふわのやわらかな食感に、つるっとしたなめらかな舌触り。

美味しくて何個でも食べたくなってしまいます。

つきたてのお餅を自宅で作る場合、

お店でもち米を買ってきますが、

大抵キロ単位で売られていますよね。

炊飯器やレシピだと合単位で書かれていて、

分量がピンとこないなと思ったことはありませんか?

今回はもち米1キロが何合になるのか、

お餅にしたらどれくらいの量になるのかを調べました。

併せて自宅でお餅を作る方法もご紹介しますので、

参考にしてみてください。

目次
  1. もち米の1キロは何合?出来上がりの量は?
  2. もち米1合で何個のお餅ができる?
  3. 自宅でもち米からお餅を作る方法をご紹介
    • 炊飯器でお餅を作る方法
    • レンジとミキサーでお餅を作る方法
  4. もち米1キロは何合で何個のお餅ができる?自宅でお餅を作ろう!まとめ

もち米の1キロは何合?出来上がりの量は?

もち米は1合で140gくらいの重さです。

1キロに換算すると1000÷140g≒7.14。

つまり、もち米1キロは7合強になります。

ただし、あくまでも平均的な重さであり、

お米の品種だったり新米や古米などお米の状態で、

重さは多少違ってきます。

正確な量を知りたい時は、はかりを使いましょう。

もち米は炊いたり蒸したりすると、

水分を吸収して大体2倍くらいに増えます。

1キロのもち米を蒸すと、約1.4キロになります。

ちなみに、臼と杵を使って本格的にお餅をつく場合、

もち米の量が少なすぎると上手く作れないので、

約3キロ(2升分)くらい使うことが多いですね。

もち米1合で何個のお餅ができる?

もち米1合は大体140gくらいです。

炊いたり蒸したりすると水分を吸収して、

約280〜300gくらいになります。

スーパーで売っている切り餅を1個50gとして、

そこから換算するともち米1合で、

5個強の切り餅ができます

西日本のお正月でおなじみの丸餅なら、

1個35g前後なので、

1合で8個くらい作れますね。

ちなみに、切り餅を2個で普通のお茶碗のご飯1杯分と、

同じくらいのカロリーになります。

お餅はご飯よりもぎゅっと圧縮されている分、

気がつかないうちに食べ過ぎてしまうのでご注意を。

自宅でもち米からお餅を作る方法をご紹介

餅つきといえばもち米を杵と臼で餅をつく姿が、

思い浮かぶのではないでしょうか。

実際は餅つき機やホームベーカリーを使って、

餅をつく人がほとんどだと思います。

「家には餅つき機もホームベーカリーもないから、

つきたてのお餅は食べられないなぁ」

そう思って諦めていませんか?

実は専用の機械がなくても身近な道具を使って、

自宅でつきたてのお餅を作れるんです!

炊飯器で作る方法とレンジとミキサーで作る方法の、

2パターンをご紹介します。

少量から作れるのでお正月以外でも、

気軽につきたてのお餅を楽しめますよ。

炊飯器でお餅を作る方法

材料

もち米2合、水1合(目安量)、片栗粉

必要な道具

炊飯器、すりこぎ、しゃもじ、ボウル、バット(皿でも可)

作り方

1、もち米を軽く洗ってから6時間ほど、

水(分量外)に浸けておきます。

2、炊飯器にもち米と分量の水をセットして、

普通に炊きます。

炊飯器の種類によって水分量は変わるので、

説明書の指示に沿ってください。

3、炊きあがったらボウルに移して、

濡らしたすりこぎでもち米を潰します。

ときどきしゃもじでお餅を引っくり返しながら、

お米の粒感がなくなるまでつきます。

4、ついたお餅を、片栗粉を敷いたバットの上に移します。

5、手を水で濡らしながら小分けにちぎって完成。

つきたてのお餅はとても熱いので、

触れるときはヤケドをしないよう気をつけてくださいね。

レンジとミキサーでお餅を作る方法

材料

もち米2合、水160ml、片栗粉

必要な道具

レンジ、ミキサー、耐熱容器、しゃもじ、バット(皿でも可)

作り方

1、もち米をさっと研いだら30分ほど水に浸けます。

その後、ザルにあげて5分おいて水気を切ります。

2、ミキサーの中にもち米と水を入れて、

米の粒感がなくなるまでかき混ぜます。

3、ドロドロになったもち米を耐熱容器に移して、

ラップをかけてから500Wのレンジで、

1分30秒ほど加熱します。

4、熱いうちに水でぬらしたしゃもじでよく練り合わせ、

再びレンジで2分ほど加熱します。

5、バットに片栗粉を敷き、その上にお餅を移します。

小分けにして好みの大きさに丸めたら完成です。

このレシピのポイントはミキサーにかける前に、

もち米に十分な水分を吸わせることです。

時間があるときは6時間ほど水に浸けて、

水切りの時間も15分ほどとりましょう。

粘り気のある歯ごたえのよいお餅になります。

また、ご家庭によって電子レンジの性能は異なるので、

温度と時間はそれぞれ調整してください。

もち米1キロは何合で何個のお餅ができる?自宅でお餅を作ろう!まとめ

  • もち米1キロは7合強。加熱すると約1.4キロになる。
  • もち米1合で切り餅5個強、小さめの丸餅なら8個相当。
  • 炊飯器やレンジ、ミキサーを使えば自宅でお餅を作れる。

手作りのお餅は、気分も縁起も良くなりそうです。

来年のお正月は自宅でもち米からお餅をついて、

歳神をお迎えしてはいかがでしょうか?