生活

こんにゃくが変色してしまったけど食べられる?原因と防ぐ方法を紹介

こんにゃくって美味しいですよね。

ただこんにゃくは様々な料理に使うことができるのですが、

その際に変色をしてしまうことってありますよね。

ちょっと色が変わるならまだしも、緑や黄色、ピンク色になったりと、

その色の変化の幅には驚きますよね。

またこのこんにゃくは食べることはできるのでしょうか?

そして変色を防ぐ方法はあるのでしょうか?

ここではそんなこんにゃくの変色について解説をしていきます。

こんにゃくが変色していたけど食べれるの?

こんにゃくが変色をするとびっくりしてしまいますよね。

変色にも幅があり、結構な色の変化があるので食べられるか不安になってしまいます。

実際、こんにゃくですが変色をしても食べられるのでしょうか?

結論から言えば、食べることはできます。

詳しく解説をしていきます。

まずこんにゃくですがどうして変色するかについて解説をしていきます。

こんにゃくはアルカリ性が強い食材となっています。

そのアルカリ性と食材に含まれている成分が反応することで変色をしてしまます。

緑や青に変色

例を挙げますと、こんにゃくはごぼうと一緒に調理をすると緑や青っぽい色に変化します。

こちらはごぼうに含まれるクロロゲン酸という成分が、

アルカリ性と反応をすることで変色をします。

黄色に変色

他にはこんにゃくは玉ねぎと一緒に調理をしても黄色に変色をします。

この場合には玉ねぎに含まれているフラボノイド系色素ケルセチンがアルカリ性と反応して、

黄色に変化をします。

ピンク色に変色

こんにゃくですが里芋と調理をするとピンク色になることもあります。

こちらは里芋に含まれるポリフェノールオキシターゼがアルカリ性と反応をして、

ピンク色に変色をします。

このようにこんにゃくのアルカリ性と一緒に調理をする成分によって、

こんにゃくは変色をします。

金属によって変色

またそれ以外ですと、

こんにゃくを下拵えする際の包丁やフライパンの金属に反応をすることも。

ただどの場合でもこんにゃく自体の成分は変わりなく、

食べることはできるので安心をしてくださいね。

こんにゃくの変色を戻すことはできる?

こんにゃくですが変色をした場合、戻すことができるかも気になりますね。

こちらですが、一度こんにゃくは変色をしたら戻すことはできません。

こんにゃくの変色は時間が経てば経つほどはっきりとしてきます。

またこれらは化学反応であるため、何もしないで元に戻ることはありません。

ですので変色をさせたくなかったら、

変色を戻すことよりも変色を防ぐようにした方が良いです。

こんにゃくの変色を防ぐ方法をご紹介!

こんにゃくの変色ですが、戻すことはできないですが防ぐ方法はいくつかあります

続いてそんなこんにゃくの変色を防ぐ方法について紹介していきます。

こんにゃくの変色を防ぐ方法ですが、以下の方法があります。

別々にあく抜きをする

こんにゃくと野菜ですが一緒に調理をすることで変色をしてしまいます。

なので事前にそれぞれであく抜きをすることがおすすめです。

あく抜きをすることで、

変色をする成分を抑えられるのでこんにゃくの変色を防ぐことが可能になります。

あく抜きの方法としては水につけたり、熱湯で茹でることで簡単に行うことができます。

またその際に少量のお酢を吸わせることで、より効率的にあく抜きが可能となっています。

ぜひ試してみてくださいね。

こんにゃくが変色してしまったけど食べられる?原因と防ぐ方法を紹介まとめ

こんにゃくが緑や黄色、ピンクなど様々な色に変色をすることがあります。

それはこんにゃくに含まれているアルカリ性と、

様々な食材の成分が反応することによって起きます。

ただ変色はしても栄養成分などは変わることはないので、

食べることはできるので安心をしてください。

こんにゃくの変色ですが、事前に別々にあく抜きをすることによって防ぐことが可能であり、

変色させたくない場合にはしっかり行うようにしましょう。

うまくこんにゃくを調理して美味しく食べるようにしてくださいね。